521

話題の新作!ドラゴンボール ザ ブレイカーズ!戦闘力たったの5のゴミでも活躍できる脱出ゲームの魅力3選!

こんにちは!なっしー( @nassy_game )です。

ドラゴンボール ザ ブレイカーズはドラゴンボール本編に登場する凶悪な1人の超人と、戦闘力たったの5の一般人7人が相対するオンラインアクションゲームです!

2021年12月4、5日とSTEAMにてクローズドβテストが行われていました。

わたしは残念ながら参加することができませんでしたが、DB芸人で有名なR藤本さんが実況動画を配信しています!

めちゃくちゃ楽しそうなゲーム内容になっているのが垣間見えるのでぜひチェックしてみてください。

2時間半と長尺ですがR藤本さんのDBキャラモノマネが入るのでおもしろいですよ。

この記事ではR藤本さんの実況動画を見た上で、なっしーが感じる【ドラゴンボール ザ ブレイカーズ】の魅力をお伝えします!

発売日の発表を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか!?

ゲーム情報
ドラゴンボール ザ ブレイカーズ
リリース:2022年
ジャンル:オンライン非対称型アクション
開発:バンダイナムコ
プラットフォーム:PS4、Nintendo Switch、Xbox One、STEAM
なっしー
なっしー

この記事はこんな人におすすめです!

  • ドラゴンボール ザ ブレイカーズがどういうゲームか知りたい人
  • ドラゴンボールのゲームが好きな人
  • オンラインアクションゲームが好きな人

ドラゴンボール ザ ブレイカーズのゲーム内容

ドラゴンボール ザ ブレイカーズでは、プレイヤーは「レイダー」と「サバイバー」に分かれてそれぞれの役目をこなすことになります。

「レイダー」がセル、「サバイバー」が戦闘力たったの5のゴミたちです。

レイダーはサバイバー側の脱出手段であるタイムマシーンの起動を阻止し、フィールド上のエリアを破壊してサバイバーたちを追い詰め殲滅する事が目的です。

レイダーのセルは一般市民やサバイバーの生体エネルギーを吸収することにより、ストーリー通りに幼虫から第一形態、第二形態、完全体へと進化。

進化するごとに強力なスキルや必殺技が使えるようになるのでサバイバーが吸収されるほどレイダーが有利になります。

「サバイバー」はフィールドに散らばる起動キーを指定の場所に一定数設置し、超タイムマシンを起動システムで起動させ、フィールドからの脱出ができれば勝利。

また、起動システムが破壊されてもタイムマシンを呼び出すためのビーコンが出現し、呼び出しに成功すれば脱出成功で勝利です。

当然レイダーであるセルが起動システムを破壊したりサバイバーを探し出して吸収したりと邪魔をされるため一筋縄ではいきません。

サバイバーはフィールドに散らばるチェンジパワーを集めることで一定時間Z戦士に変身することができます。

戦闘力たったの5なのにピッコロ、悟空、ベジータなどに変身してセルに対抗できるわけです。

Z戦士となりセルを倒すことで勝利することもできます。

魅力その1 ボス対一般人の構図が斬新

画像は公式サイトより

ドラゴンボールのゲームといえば、登場キャラクター同士を操って戦うことができるバトルゲームやストーリーをなぞるアクションアドベンチャーゲームがほとんどです。

このドラゴンボール ザ ブレイカーズはセルに一般市民が立ち向かうという点がすごく斬新。

サバイバーとしてフィールドに解き放たれるとまずアイテムや武器を集めたりとフォートナイトのようでもあります。

レイダーによってフィールドが破壊され、その場にいたら死んでしまうし、破壊されたあとは入れなくなる、というのもフォートナイトの安地のようでハラハラさせられます。

オンラインマルチのおもしろさとドラゴンボールの設定をうまく融合させたこれまでにないゲームシステムが魅力的です。

公式サイトのキービジュアルではセル以外にも「フリーザ」や「魔人ブウ」も登場しているので今後追加されるのは間違い無いでしょう!

あのフリーザや魔人ブウとオンライン上の仲間とともに戦える、今から楽しみでしょうがない。

魅力その2 オリジナルのドラゴンボールキャラで戦える

画像は公式サイトより
画像は公式サイトより

サバイバーである一般市民はアバターなので、プレイヤーによる細かいエディターが可能になっています。

原作キャラに近づけた設定もありですし、完全オリジナルのキャラ設定もできます。

いつもの鳥山明らしいキャラデザは踏襲しつつ自分だけのオリジナルキャラでフィールドを歩き回れるのもこれまでのドラゴンボールゲームとは一線を画してますね。

ドラゴンボールでオンラインゲームの醍醐味を味わえそうです。

プレイするキャラにはスキルを加えることができ、ウーロンの変身能力などをフィールド内で使うことが出来ます。

セルに見つかりそうになったらツボに変身するなどして見つからないように上手にスキルを使わなければなりません。

ガチャ要素もあるため見た目や技を獲得するために課金する人は多くなりそうです。

R藤本さんはゲーム開始時に利用できるタオパイパイの石柱を入手していました。

こういう原作にもあるギミックは使いたくなる気持ちすごくわかる。

魅力その3 ドラゴンボールの世界が再現されたフィールド

画像は公式サイトより

フィールドはオープンワールドで構築されており、セルに破壊されるまでは好きなところへ行くことができます。

フィールドはいくつかのエリアにわかれており、エリアごとに起動キーやキーを設置する場所があり、目的に応じて移動しなくてはなりません。

エリアは見た目で大きな特徴があり、ジンジャータウンを彷彿とさせる都会のエリア、フリーザの宇宙船があるエリアなど原作に登場する風景が再現されています。

これだけでドラゴンボール好きとしてはプレイしたくなるというもの。

今後ナメック星や天下一武道会の会場エリアなどが追加されることを期待したいですね!

発売日など続報に期待

R藤本さんがプレイしている映像を見る限りはサーバ接続エラーが少し発生していた程度でいつ発売しても良さそうな出来でした。

レイダーであるセルを操作したいという人が多いため、レイダーを選んでマッチングすると結構な時間はかかるようです。

このあたりはバランスの調整が必要なのでしょうね。

ツイッター公式アカウントでは発売前のテストの機会があるということもツイートされています。

ぜひSTEAMで早期アクセス開始も検討してもらいたい!

多少バグがあってもプレイしてテストに貢献しますよね。

スクロールトップ