2955

デルタルーン チャプター2(Deltarune chapter2) Gルート(Aルート)への入り方 分岐

こんにちは!ふじむー(@fujimu_mu)です。

デルタルーンチャプター2のGルート(Aルート)プレイしました!
一言で言うと面白かったです!
アンダーテールではGルートという名前でしたが、どうやらデルタルーンではAルートという名称らしいですね。
この記事では皆さん馴染みがあるであろうGルートの名称で紹介させていただきます。

どこで分岐するのかワクワクしながらプレイしていましたがなるほどな。と思わされました。
色々試してみるとそこまで複雑なフラグでは無かったみたいですね。

それではGルートへの入り方を紹介いたします。

※体験版時点での攻略情報になっていますので、製品版とは異なっている場合があります。ご了承ください。

この記事はこんな人におすすめです!

  • デルタルーンチャプター2でGルート(Aルート)の入り方を知りたい
  • デルタルーンチャプター2でGルートの分岐点を知りたい

ここから先はネタバレ要素が含まれていますので、未プレイの方や先々の情報は見たくないという方はご注意ください!

Gルートに入るには?

Gルートに入る条件を成立させるには少しストーリーを進め、ノエルと合流する必要があります。

デルタルーン Gルート ノエルと合流

ここまでにルート分岐に関するフラグは無いので選択肢や敵を倒す・逃がすは自由にしてOKです。チャプター1からの引継ぎも関係ありません。

どうやらノエルと合流したあとの行動のみがチャプター2のルート分岐に関係あるみたいですね。

分岐が始まる地点だけを知りたい、細かい条件は自分で探したいという人はここからあとの記事はまだ見ないことをお勧めします。

ノエルと合流したら

ノエルと合流した後の順路は右ですが、左に戻ってください。

左のフロアに出ると敵がいるので戦闘します。

今後の戦闘ではノエルのまほう「アイスショック」を使って敵を倒して下さい。
クリスが防御をするとTPが16%溜まりアイスショックが一発撃てるので今後クリスは基本防御をしましょう。

敵をアイスショックで倒すと敵が画像のように凍ります。

デルタルーン Gルート 敵を凍らせる

これから会う敵を全て凍らせるのがGルートに入る条件の一つになっています。

それではドンドン左に戻って行きましょう。
道中ノエルが話しかけてきますが無視して進んで行くとゴミ捨て場まで戻ります。

途中にあるピンクのカラーコーンも敵なので忘れずに凍らせて下さい。

デルタルーン Gルート カラーコーンの敵

ゴミ捨て場の左端までの到達すれば道を引き返して大丈夫です。

ゴミ捨て場の左端の上にある入り口に入ってドアを調べるとノエルとの会話があるので興味のある人は行ってみて下さい(Gルート成立のフラグには関わっていません)。

デルタルーン Gルート 寄り道

来た道を戻っていると信号を操作して横断歩道を渡るフロアのNPCと車がいなくなり、代わりに敵が配置されています。

デルタルーン Gルート 信号フロア

ここの敵も凍らせてノエルと合流したセーブポイントまで戻りましょう。

ネズミのパズル1から観覧車の看板まで

セーブポイント「最初の路地」の次のフロアには1つ目のネズミのパズルがあります。
ここはパズルを解いてもGルートのフラグは折れないようですがせっかくなので強引に進んでみましょう。

パズルを解かずに先に進もうとするとノエルに引き留められます。が、それも無視して進もうとすると選択肢が出てきます。

デルタルーン Gルート ネズミのパズル1の選択肢

この選択肢で「前進」を選んで下さい。2回前進を選ぶとイベントが進みます。

次のフロアを進むと上と右に分岐します。
通常ルートだと上に行くとスージィとラルセイのイベントが発生しますがGルートに向かっていると誰もいなくなっています。

デルタルーン Gルート イベント消滅

道を戻って右に進みましょう。

観覧車の看板から2つ目のネズミのパズルまで

2フロア先が観覧車の看板のあるフロアになっています。

デルタルーン Gルート 観覧車の看板

このフロアの敵も凍らせたら右に居るNPCに話しかけに行って下さい。
観覧車を調べると会話が発生しますが、ルート分岐には影響しません。

デルタルーン Gルート NPC選択肢

話しかけると友達か聞かれるので「友だちとは別モノ」を選んで下さい。

そのあとNPCから離れると呼び止められます。
ここまでの敵を全部凍らせていなかったら呼び止められないので、その場合は道を戻って取り逃した敵を凍らせに行きましょう。

デルタルーン Gルート NPCに呼び止められる

会話を進めると「凍てつく指輪」を買わないかと言われます。
ここでひたすら「入手」を選び続けて下さい。

入手できたらノエルに装備させましょう。
装備させなくてもGルートには入れますが、装備するとアイスショックで敵が一発で倒せるようになり楽になります。

イベントが終了したら下に進みましょう。
電気バリアのイベントが発生しますが通常ルートとは少し内容が違っています。
会話の中で選択肢が発生しますがこれはどちらを選んでも問題ありません。

凍てついた指輪を入手する前に電気バリアに近づいてしまうとフラグが折れてしまうので注意して下さい。

成功していると通常より暗い感じのBGMが流れます。

ここからは敵が離れていくようになってしまうので追いかけて全員凍らせていきましょう。

しばらく進むと大きな道路にでます。
特にギミックも無いので直接右上に向かいましょう。
(右下から左の路地に入ってゴミ箱に話しかけると残りの敵の数を教えてくれますが、そこまで広くもなく敵の数も少ないので最終チェックで倒せていなかったら探しに行くでも問題無いかと思います。)

デルタルーン Gルート 大きな道路

2つ目のネズミのパズルからバードンまで

2つ目のネズミのパズルに到達すると選択肢が出現します。

デルタルーン Gルート 2つ目のネズミのパズル

ここでもひたすら「前進」を選び続けて下さい。

前進以外の選択肢を選ぶとフラグが折れてしまうので注意しましょう。

イベントが終わってしばらく進むと下の画像のゴミ箱とカラーコーンのフロアに出ます。

デルタルーン Gルート 折り返し地点

ここで2匹敵を凍らせれば全部の敵を凍らせられたはずです。
先に進まず道を引き返して、先ほどの大きな道路のフロアまで戻って下さい。

大きな道路のフロアの下の方の左に路地に入れる道があります。

デルタルーン Gルート 路地の入口

そこに入るとゴミ箱があるのでこれに話しかけて下さい。

デルタルーン Gルート ゴミ箱と会話

ここまでの敵を全て凍らせられていると「いばらの指輪」というアイテムが入手できます。
入手できないときは敵の取りこぼしがあるので戻って敵を探しましょう。

入手したいばらの指輪は必ずノエルに装備させてください。

ノエルの装備の銀の腕時計を外しておくとエンディングでノエルとの会話が変化するので見たい人は外しておきましょう。(クリスが装備しなくても、ノエルから装備を外してGルートをクリアするのが条件のようです)

指輪を装備させたらさっき引き返したゴミ箱のフロアまで戻り、更に先に進みましょう。

バードン戦

Gルート分岐の為の最後の戦いバードン戦です。

まず会話があるので例によって「前進」を選んで下さい。

デルタルーン Gルート バードン選択肢

前進を選ばないとフラグが折れてしまいます。

会話が終了すると戦闘開始です。
ノエルがいばらの指輪の効果でHPがドンドン削られていきますが残りHP55でストップするので焦らないように。
バードンの攻撃もクリスがいる間はクリスに集中するのでクリスがダウンしないようにだけ注意しましょう。

攻撃方法はアイスショックではなくスノーグレイブを使います。

デルタルーン Gルート バードン戦

TP100%必要なのでひたすらガードとギリ避けでTPを溜めましょう。
ちなみにいばらの指輪を装備していないとTP200%必要でスノーグレイブが撃てません。

何度か拒否されますがスノーグレイブを選び続けて、ノエルがスノーグレイブを放てばGルート確定です。

この後は敵を倒そうが逃がそうがルートから外れることは無いので安心して進めましょう。

小ネタ

ノエルの装備

本文中にも書きましたが、ノエルの防具の銀の腕時計を外しておくとエンディングで病院に行った時のノエルとの会話が少し変化します。
個人的にはこの方が少しゾクっとさせられて好みでした。興味ある人は是非!

補給物資

Gルートに向かっている途中のセーブポイントにあるダンボールですが、実は一番右のダンボールを調べると4回までCDベーグルが入手できます。
回復アイテムに不安がある人は貰っておきましょう。

デルタルーン Gルート 補給物資

大量のピピス

Gルートに入って進めていると大広間に青い円が大量に配置されます。
実はこれ全部敵。1ターンで終了するバトルなのですが非常に接触しやすく、めんどくさい。
倒してもお金が8手に入るだけなのでぶつからないように慎重に進みたいところです。

デルタルーン Gルート 大広間のピピス

以上、デルタルーンチャプター2のGルート(Aルート)への入り方でした。
ストーリーもさることながらボスも中々の強さで非常に楽しめました。
現在初期装備・ノーダメージで倒せないかな?とやってみていて、もし成功したら動画をアップロードするのでyoutubeチャンネルもチェックしてもらえると嬉しいです!

では、ありがとうございました!

スクロールトップ