371

【Ghost of Tsushima】愚者(浮世草)政子之譚 第五幕

愚者(浮世草)政子之譚 第五幕

政子殿は安達家のご一族を殺めた犯人の一人である大村の行方を追っている。大村を捕らえ仇を討つおつもりのようだが、だいぶお疲れのご様子。このまま無茶をなさっていては、政子殿の心身が案じられる。

▲卯麦に向かうであろう大村を街道でずっと待っていたという政子殿。一族を皆殺しにされた恨みは海よりも深い。大村は20年も前に安達家で雇っていたらしいが盗みを働いた挙句報酬が少なかったからといって辞めていったらしい。昔から危ないたちではあるよう。

政子殿と待ち伏せ

▲政子殿と待ち伏せしている場所に現れたのは大村1人ではなくその息子の兄弟が2人。目の前で二手に別れてしまったので政子殿は弟を、境井仁は兄を追うことになります。

▲兄の方は卯麦に向かう道中独り言をベラベラ話し、金目的と父親の仇?で安達一族を討ったという事実が判明します。安達家に何をされたのか?金を奪われた、ということも話しますがまだ動機の全容は見えません。

政子殿と卯麦の町で合流

▲政子殿に兄の方は完全に黒であることを伝えます。兄弟の会話を政子殿と盗み聞きますが、どうやら20年前に父親を辞めさせたことを逆恨みしているようです。何かと理由をつけて、金が欲しいだけなのでしょうね。
大金を受け取るために兄弟は浜へ移動しますが、改めて安達家を襲った奴らに武具を渡したという事実を話します。政子殿が生き残ったことは知っているようですが「あの婆に何ができる」と一蹴。とんでもない殺戮婆と化していることも知らずに。

罠に落ちた大村兄弟

▲金を受け取りに来た大村兄弟は騙されていたようであっさりと浜で殺されます。
「おのれわたしの獲物を!」と政子殿がいつも通り突っ込んでいくので詮索する暇なく戦闘開始。こいつらを尾行したら今度こそ黒幕に行き着いたかもしれないのに。

大村兄弟を殺した賊が文を持っていました。

卯麦の入江で大村という男に会うであろう
この男は私を脅迫している
殺せ

今すぐには払えぬが人が終わり次第
例を払おう


黒幕が別の誰かを騙して騙された大村を口封じに殺したようです。騙し合いの世界。大村兄弟も文を持っています。

脅しは不要 沈黙を守れば
卯麦に謝礼を届ける

その時 感謝とともに十分礼をいたす

人も使えるし、お金も持っている、有力者のようですね。
政子殿の黒幕探しはまだまだ続きます。

気力の護符 弐

効果:気力の回復量が25%上昇する

スクロールトップ