958

【ELDEN RING(エルデンリング)】フロムゲー初心者が挫折しないでプレイを楽しむ方法!【レビュー】

こんにちは!なっしー( @nassy_game )です。

フロム・ソフトウェア初のオープンワールドゲーム【ELDEN RING(エルデンリング)】。Steam版で記録的な同時接続数を叩き出したり何度もツイッターでトレンド入りするなど人気ぶりを見せつけていますね。

そんなに人気があるならプレイしてみたい、ということでフロムゲー完全初心者であるわたくしなっしーが14時間ほどかけて初心者キラーの「忌み鬼マルギット」を倒せたので、初心者目線の感想をお送りします!

フロム・ソフトウェアのゲームをまったくプレイしたことはないけどエルデンリングは興味がある、買うかどうかすごく迷ってる、という方はぜひ参考にしてみてください。

なっしー
なっしー

この記事はこんな人におすすめです!

  • エルデンリングを買うかどうか迷っている人
  • フロムゲー初心者だけど楽しめるか心配な人

結論から言うと、探索やキャラ育成が好きであれば確実に楽しめます!

フロムソフトウェア
¥6,500(2022/09/30 13:10:22時点 Amazon調べ-詳細)
¥3,400(2022/09/30 13:10:23時点 Amazon調べ-詳細)

並のアクションゲームではない

あえて書く必要は無いですが、フロム・ソフトウェアのゲームは「死にゲーといえば」という枕詞が一般的になるほどの高難易度なゲームです。

わたしのこれまでのアクションゲーム遍歴からは想像できないレベルの難易度でした。

ちなみにどういうゲームをプレイしてきたのかというと「龍が如くシリーズ」「Ghost of Tsushima」「スパイダーマン」「GTAシリーズ」「FF7R」「FF15」などなど比較的ライトなゲームが多いです。

ダークソウルやSEKIROは一切通っていません!

エルデンリングはアクションRPGなのでスパイダーマンやGTAと単純に比較はできないですが、スムーズに操作ができれば敵を倒せるというレベルのアクションでは無いです。どんなに上手い人でも倒されてます。

最近の傾向である親切なオープンワールドアクションRPGを想像していたら挫折間違い無しなので注意してください!

このゲームはそれこそマリオと同じくらい死ぬことが前提だと思ったほうがいいです。マリオで1度も死なずにステージをクリアするなんて至難の業ですよね。感覚としてはそれと同じ。

マリオのゲームのようにプレイヤーを倒すことを前提にして地面の下や壁の向こうから敵が現れるわけです。ただマリオと違うのは頭を踏んで即倒せる、わけではないというところ。

強敵とのバトルはかなりのアクション性を求められます。龍が如くのように△ボタンを連打してたまに◯を押していたら敵を倒せるなんて考えは甘々です。そんな生易しいものではないということを肝に銘じてプレイする必要があります。

難しすぎて挫折しかけた…

エルデンリングはオープンワールドでパリィやステルス要素もあるため、プレイ感覚はGhost of Tsushimaが近いです。

Ghost of Tsushimaでは突然敵と遭遇しても潤沢なHPと回復方法があり、ガードやパリィを駆使していれば倒せない敵はいません(最初のコトゥンハーンを除く)。がしかし、エルデンリングは敵が化け物なだけあって、理不尽で圧倒的で一方的な攻撃を食らい死んでいきます。

普通のオープンワールドではプレイヤーが徐々にレベルを上げ強くなってから、そのレベルでクリアできるボスが要所に配置されていますがそんな優しい気配りはエルデンリングにはありません。

ゲーム序盤から圧倒的な威力の騎馬が目の前にいます。通常のオープンワールドゲームであれば最初に降り立つ場所でボス並みの強敵は配置されませんよね。このゲームにそんな優しさは皆無です。

フロムゲーに慣れている人からしたら当たり前なのかもしれませんが、フロムゲー初心者がアクションゲーム感覚で普通に探索やザコ敵を倒して少々レベル上げをして最初のボス(忌み鬼マルギット)に挑んでも簡単には倒せないです。

わたしはこれまでの経験からフィールドを駆け回って敵を倒してそこそこレベルを上げて挑めば倒せる程度に考えてましたがレベルを上げても上げてもマルギットを倒せる気配が感じられず。出会う敵は強敵ばかりで優しい生き物のカニにすら倒される始末。正直楽しさが見いだせずに挫折しかけました。

序盤のボスである忌み鬼マルギットはベルセルクでいうところのゾッド。初心者が闇雲に突っ込んではダメ。圧倒的な力で蹂躙され戦意をそがれてしまいます。

初心者がエルデンリングを楽しむために必要なこと

フロムゲー初心者がエルデンリングを楽しむために必要なことは2つ。それさえ序盤に優先すればあとあと初心者でもしっかり楽しむことができるようになります。それはレベル上げと武器の強化です。

フロムゲー初心者のあなたはわたしと同じ様にライトで親切なアクションゲームを楽しんできたはず。キャラのHPのバランスを考えた敵の攻撃力。強化のわかりやすさ。フィールドをサブクエストを使って徐々に広げていく進め方。エルデンリングはそんな過保護ゲームではありません。

まずはルーンをしっかり集めてレベルを上げる必要があります。当たり前といえば当たり前なのですが中途半端ではダメです。少々のレベルアップでもすぐ倒されます。ルーンを意図的に大量に稼げる方法を実践しましょう。

ずるいやり方ですが初心者がこのゲームを楽しむためには仕方ないです。挫折してゲームを楽しめないよりはせこい手を使ってでもレベルをあげて物語を進めたほうがゲームのため。

ルーンを稼ぐ方法は調べれば色々出てきますが、ライトなアクションゲームしかやったことがないあなたにおすすめなのが以下で紹介する方法です。

わたしはこのやり方が一番性に合っていました。難しくもなく怖くもなく。ライトユーザーのあなたにもきっとピッタリなはずなのでぜひ挑戦してみてください。

初心者でも超簡単!ルーンの稼ぎ方

まずなんといっても馬がなければ広大なフィールドを移動しにくいのでまず霊馬「トレント」を入手しましょう。トレントは祝福を3つ以上解放するか、リムグレイブ西部の関門前にある祝福に触れることで出会えるメリナから入手できます。

トレントを入手したら「ゲール砦の北」の祝福へ移動しましょう。

ゲームスタート地点から自由なルートで目指すことができますが、比較的敵が弱いルートは下記です。

どんなルートでも敵は大勢いるので馬で一気に駆け抜けましょう!とりあえず「ゲール砦の北」の祝福までたどりつければOK。

目的地は「ゲール砦の北」の祝福

祝福から東に向かうとすぐ近くに燃える石塀が立ち並び大量の兵士が守っている場所があるのでトレントに乗ってそこを目指します。

敵はすべて無視して石塀をジャンプで越えます。

敵に囲まれないよう一気に進む

3つ石塀を越えると左側に高台があるので登ります。

高台の先端に兵士が2人立っているので、左側の兵士のさらに左側を馬を降りて通り過ぎます。

ジャンプせずに歩いて崖を落ちれば良い

人の顔がついた気持ち悪い兵器の真上に出るので空中で攻撃ボタンを押します。すると兵器の急所に攻撃を食らわせて瞬殺することに。

倒したら自動的に飛び降りるので素早く回転して周囲の敵の攻撃を避けましょう。回避が遅れるとあっという間に囲まれて倒されますよ…。

回転して回避したらすぐトレントを呼び出して「ゲール砦の北」の祝福へ素早く移動。休んで敵の追撃をかわします。

すぐにゲール砦の北に戻る

1度に2,000~3,000ほどのルーンを入手することができ、あとはこれを繰り返すだけ。5分も続ければ20,000ほど稼ぐことができます!

これで序盤で一気にレベル35ぐらいにはしてしまいましょう!

キャプチャーだけだとわかりにくいと思うので動画も上げておきます。フロムゲー初心者のわたしでもサクッとルーンを貯めることができます。ぜひ参考にしてみてください!

武器を強化する

ライトなアクションゲームやRPGに慣れきっていると見落としがちなのが「武器の強化」です。

どんな武器でもノーマルでは全然威力が足りません。むしろ強化することでどんな武器でもボスと対峙できるような強さになっていきます。

武器の強化アイテムである「鍛石」は入手したら惜しまず使っていきましょう。「鍛石」は坑道によく落ちているので細かい探索が強化を進めるカギです。

序盤で訪れるエレの教会では+3まで強化で、それ以上の強化は円卓に行く必要があります。それでも+3にしてレベル上げをしっかりしているならそこらのザコ敵は一撃のはず。

レベル上げと武器強化で随分プレイしやすく感じるはずです!フロムゲー初心者の方はわたしと同じ様にまずこの2つを意識してプレイしてみてください。

マルチプレイでは一気に難易度低下

高難易度のエルデンリングですがマルチプレイのハードルが過去作と比べて低くなっており序盤からマルチプレイを楽しむことができます。

当たり前ですがマルチだと敵を倒すのがめちゃくちゃ楽になり一気に難易度が下がります。

エルデンリングの敵が基本的に1対1を前提に動くため一方に集中していると近距離でも遠距離でも背後からガンガン攻撃を当てることができるためです。

不意打ちや死角からの攻撃も3人でマルチプレイをしていればほぼ意識する必要がなくなります。

フロムゲーのヘビーユーザーからするとせっかくの持ち味を無くす行為と感じるかもしれませんが、初心者には序盤からかなり助かる措置になっていることは間違いない。

慣れるまでは友人にマルチで助けてもらったり一緒にルーンを稼ぐなんてこともおすすめ。死にゲーが一気に多少難易度の高いアクションRPGへと変貌します。

それでも死ぬときは死にますが…。

エルデンリングのような操作性で初心者に優しい他のゲームは?

エルデンリングのようなオープンワールドアクションRPGを遊びたいけど高難易度なのはちょっと…。ダークファンタジーの雰囲気が好きではない…。という人におすすめなのがGhost of Tsushimaです。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥6,500(2022/09/30 13:10:24時点 Amazon調べ-詳細)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥5,000(2022/09/29 14:36:39時点 Amazon調べ-詳細)

刀、弓、鎧の強化やパリィやステルス要素もありアクションの方向性は結構近いものがあります。

敵の強さがまったく違いますがGhost of Tsushimaでは一発攻撃が当たれば死んでしまう「万死モード」があり死にゲーにするかどうかを自分で決めることもできます。

ダークファンタジーではないので気持ち悪い敵も出てきません。メインストーリーでは無理ですがマルチプレイも対応しているので幅広い遊び方ができるようになっています。

そこそこのアクション性があって簡単なオープンワールドゲームを探しているなら間違いなくエルデンリングよりGhost of Tsushimaがおすすめです。

まとめ

以上のようにレベル上げと武器強化をかなり進めたことによってようやくゲームとして楽しめるようになりました。

いまだに気持ち悪い敵が突然現れると鳥肌がたってますが(なかなか慣れない)フィールドの探索中に即死するようなことはほぼ無くなり、ダンジョンで死ぬこともマリオと同じと受け止めてストーリーを進めています。

フロムゲー初心者でこれからエルデンリングを買おうとしている人は「レベル上げ」と「武器強化」を序盤で徹底してください。そしてできれば序盤でマルチを楽しみましょう。でないと挫折する可能性大です…。

最後までご覧いただきありがとうございました♪

スクロールトップ